京都でマタニティライフ。

2017年11月出産予定です。現在コメントにスターがつけられません…

足立病院での初診。

妊娠検査薬で陽性反応が出て、6週目まで待ってから初診を受けました。(☆それまでのこと→妊娠したかも!?初診を受けるまで。 - 京都でマタニティライフ。)この時も分からないことだらけで、ドキドキしていました。

 

 

まずは予約。

f:id:lifehabit:20170710093703j:plain

足立病院はとても人気な産婦人科なので、事前に予約して行くのが確実です。電話をかけると、とても優しい口調の方が対応してくれました。このとき希望すれば、女性の先生をお願いできます。

 

初診に行く前に準備したこと。

お金は多めに持って行く。

基本的に自費になるので、2万円ほどお財布に入れておきました。実際は5千円で足りましたが、多めに持っていけば足りないかもという不安がなくなりました。あと保険証も忘れずに持って行きました。

服装は内診のことを考えて選ぶ。

f:id:lifehabit:20170710094335j:plain

最初は内診を行うので、脱ぎ着しやすいもので、スカートで行きました。

雰囲気を事前に知っておく。

初めて行く場所は緊張しますが、事前にHPで施設内の様子が見れたので少し安心しました。

▶︎施設案内 | 京都市中京区にある産婦人科・不妊治療・小児

 

初診の流れ。

ドキドキしながら足立病院に向かい、まずは受付へ。問診票に記入したら、すぐに診察券が発行されました。そこからは尿検査→血圧測定→体重測定に進みます。これは妊婦健診のたびに行います。それらが終わったら、待合室で待機します。そのうち待合室にある画面に自分のID(診察券の番号)が表示されたら、中待合室に移動します。あとは看護士さんたちが誘導してくれました。

f:id:lifehabit:20170710094657p:plain

まずは先生の診察で、色々聞かれます。その後、移動して内診です。この時に「赤ちゃん、いますよ〜!」と言われました。画像を見ながら、教えてくれました。この時からエコー写真がもらえます。「赤ちゃんいるんだ…!」と感動したけど、エコー写真には小さな点が写っているだけなので、実感はまだ湧きませんでした。そして私はてっきりこれで母子手帳がもらえるのかと思ったら、2週間後にまた来てねと言われました。まだ心拍確認ができなかったようでした。

 

終わったら中待合室で待って、自分のカルテを渡されて、それを自分で会計横のトレーに入れます。あとは呼ばれたらお支払いをして終了。全部で1時間ちょっとかかりました。緊張しっぱなしだったので、とても疲れました。