京都でマタニティライフ。

2017年11月出産予定です。現在コメントにスターがつけられません…

一人で行う沐浴の手順について。

産後は2週間ほど母が来てくれるはずですが、母も仕事があるので、一人で沐浴をするつもりで準備をしておこうと思います。

 

以前参加した足立病院のパパジュクで沐浴の流れは掴めました!ただ夫婦2人で行うことが前提での流れだったので、一人でする方法を考えてみました。

 

 

沐浴をする場所

浴室で行う予定です。浴室にも暖房がついていて暖かいのと、設定した温度のお湯がすぐに使えるので浴室の予定です。沐浴が終わったあとは、タオルに包んでリビングに移動して、服を着せようかと思っています。(洗面所が狭いので…) 

 

f:id:lifehabit:20170914152114j:plain

沐浴をする前の準備

一人で沐浴をするなら準備がすごく大切になってきます。

  1. 浴室の暖房をつける。
  2. (リビングに)着替えをセットしておく。
  3. (洗面所に)タオル・オムツ・ニトリのベジバッグをセットしておく。
  4. 石鹸を泡立てておく。
  5. ベビーバスを洗って、40度のお湯を貯める。

 

沐浴の手順

準備が終わったら、沐浴です。

  1. 洗面所で服を脱がす。
  2. ベビーバスで顔から順々に洗う。
  3. かけ湯をする。(パパジュクではNGとされましたが、シャワーをかけようかと…)
  4. バスタオルで拭く。
  5. オムツを軽く当てて、おへその消毒とベビーローションを塗る。
  6. オムツをつける。
  7. リビングに移動して、服を着せる。

 

不安な要素

イメージだけは完璧ですが、不安なこともあります。。。

  • 浴室の床にベビーバスを置いて行うので、腰を痛めそう。
  • 時間がかかると赤ちゃんにとって負担だし、冬なので風邪の心配もあるので、素早くできるか不安。

 

少し不安な点もありますが、とりあえずイメトレをしっかりして、母がいるときに素早く出来るようになるよう頑張りたいです…!

 

▼赤ちゃんがいてもシンプルに暮らしたいと思っています。

持たない暮らし

シンプル・ミニマルライフ

シンプルで機能的な生活