京都でマタニティライフ。

2017年11月出産予定です。現在コメントにスターがつけられません…

里帰りしない出産に向けて準備していること。

私は里帰り出産をしないことを選択しました。また、産後2週間ほど母に泊まりに来てもらうつもりでしたが、それもやめました。

 

  

里帰り出産をしない理由。

最初は里帰りしようと思っていましたが、色々考えて里帰り出産はしないことにしました。理由は…

  • 親がフルタイムで働いている。祖父母の介護もしている。
  • 夫を数ヶ月1人にするのが心配。
  • 夫に長く赤ちゃんと接して欲しい。
  • 夫が立ち会い出産を希望。
  • 産院を変えたくない。

 

代わりに私の母が泊まり込みで来てもらう予定でしたが、年末で母の仕事も忙しそうで…仕事の都合がついたときに孫を見に来てもらおうと思います。そのときに少し買い出しをお願いしようかなくらいで、基本的に私と夫で乗り切るつもりです。

 

里帰りしない出産に向けての事前準備。

産褥期の負担を少しでも楽にするために事前準備をしています。

産後の回復のために。

産後の肥立ちはどうしようもならない部分もあるかとは思いますが、できることはやっておこうと思っています。

  • 体力をつける→ウォーキングしたり、体を温めたりしています。
  • 会陰ケア→少しでも治りが早くなったらいいなと。
  • おっぱいケア→少しでも完母に近づけたらと。

 

家事を最小限に。

家事は掃除、洗濯、食事です。(掃除に関しては少しずつ大掃除をしているので、簡単なものだけ。)簡単な掃除と洗濯は夫が出勤前にしてくれます。また夫が繁忙期なので、昼ご飯と夜ご飯は職場で済ましてくれます。問題は私の食事ですが、お金をかけても手間を減らそうと思っています。

  • 退院後2週間分のご飯は冷凍ストックしておく。
  • 宅配弁当の手配。
  • 使い捨て食器を使って、洗い物はしない。
  • ペットボトルを常備して、コップは使わない。
  • 生協を利用して外での買い物はしない。
  • お腹が空いた時に簡単に食べられるものを買っておく。

 

食事以外にも。

  • 日用品は1ヶ月分ストックしておく。
  • まな板代わりに使える牛乳パック、ちょっとしたお皿代わりに使える豆腐パックを洗って取っておく。
  • 普段から手作りしているアクリルたわしや広告で作るゴミ箱を大量に作っておく。

 

自分のことも最小限に。

産褥期は子ども中心の生活にしたいので、私自身のこともなるべく時短で済ましたいと思っています。

  • 髪を短くする。
  • スキンケアはオールインワンに。

 

夫との情報共有。

夫の仕事が繁忙期に入るので、どうしても私がメインになりますが、2人の子供なので、なるべく夫も育児に参加出来るようにと思っています。

  • 何をしてほしいか明確に伝えておく。→紙に書いて貼っています。
  • 育児アプリで情報共有。→赤ちゃんがどんな生活を送っているのか職場でも見れます。
  • 産後のメンタルを知ってもらう。→夫に冷たくするかもしれないので。

 

頑張りすぎないように気をつける。

夫と二人で乗り越えようと思っていますが、初めての育児なので頼れる場所も確保しておこうと思っています。本当にピンチだと思えば、私の母と義理の母が来てくれます。また産院には母乳外来、助産師外来があるので、不安なことは相談したいと思います。

 

▼赤ちゃんがいてもシンプルに暮らしたいと思っています。

すっきり暮らす

少ないモノで暮らす

シンプルで豊かな暮らし