京都でマタニティライフ。

2017年11月男の子を出産。

【妊娠38週】妊婦健診、出産の兆候、出産へ。

妊娠38週の時の記録です。(すでに出産していますが、記録として更新します)

 

 

足立病院にて助産師外来。

妊娠38週はお医者さんではなく、助産師さんによる健診でした。30分以上じっくり診てもらえました。体重測定、血圧測定、尿検査を行い、エコーはないのですが、赤ちゃんの心音を聞くことができます。その後は、内診でした。すでに赤ちゃんが下がっていて、子宮口は指一本分開いていました。ちなみに内診はとっても痛かったです…

 

そして、おっぱいチェックもありました。血管が浮き出ているから母乳は出そうだよと言われました。また乳首が硬いと赤ちゃんの口が滑ってしまうので、柔らかくする必要があるそうです。なんとなくおっぱいマッサージをしていましたが、指摘されてつまんでみると左右で硬さが違いました!

 

そこからは色々とお話をしました。お医者さんの健診は忙しそうだしと、なかなか聞きにくいこともじっくり聞いてもらえました。

 

出産の兆候は?

健診のたびに「赤ちゃんだいぶ下がっているよ!いつ生まれてもおかしくないよ!」と言われてドキドキしていました。そしてついにおしるしがありました!内診があった夜からズキズキとした痛みが下腹部にあって、翌朝におしるしがありました。そして、その夜から明らかに子宮が伸縮しているのが分かりました。

 

出産。

おしるしがあった二日後に出産しました。夜中1時頃に陣痛が始まり、朝に病院へいき、そのまま入院しました。なかなか子宮口が開きませんでしたが、その日の夜に無事に出産しました。夫も立ち会えて、カンガルーケアもできました(^^)

 

 

▼赤ちゃんがいてもシンプルに暮らしたいと思っています。

すっきり暮らす

少ないモノで暮らす

持たない暮らし