京都でマタニティライフ。

2017年11月男の子を出産。

生後0ヶ月の育児費用。

生後0ヶ月の育児費用をまとめました。産前にかかった費用についてはこちらの記事にまとめています。

 

  

生後0ヶ月の育児費用。

44,358円でした。最初は身内が赤ちゃんを見に来るついでに紙おむつを買ってきてくれていたため、実際かかっているはずの費用より少ないです。

 

おむつ替えグッズ(4,067円)

新生児は1日に何回もおむつ替えをします。しかも替えた瞬間にうんちをしたり…1日に20回くらい替えていました。

紙おむつ

退院後90枚入りを5パック使いました。事前に1パック(イベントでもらったもの)用意していて、その後3パック貰い、追加で1パック買いました。いつ新生児サイズを卒業するのか分からなかったので、一気に買うことはしませんでした。(Sサイズにアップしたのは生後38日でした)

おしりふき

最初はコットンとお湯の予定でしたが、体がしんどくて、おしりふきとおしりふきウォーマーを使いました。でもおむつかぶれになったので、コットンとお湯に戻しました。(そのうち水でも泣かなかったので、水にしています)

ベビーコットン 420枚入【イチオシ】

 

 

ミルクグッズ(5,551円)

最初は混合だったため、一式揃えました。2週間で完母になったので、粉ミルクは産院からもらった1缶でまかなえました。

哺乳瓶

テテオ 授乳のお手本 LiCO 哺乳びん 耐熱ガラス製 160ml Sサイズ乳首付 モカ

 

産院で使用していたものを購入しました。1本で乗り切りましたが、毎回洗って消毒するのが手間だったので、2本くらいあってもよかったかもしれません。

 

消毒グッズ

コンビ 哺乳びん除菌ケース 除菌じょーずα バニラ【12_k】

 

先輩ママからオススメされていたレンジで除菌することにしました。レンジでチンするだけなので簡単でした!

 

哺乳瓶用洗剤

ピジョン 哺乳びん野菜洗い 800ml

 

産院で使用していたものと同じものにしました。

哺乳瓶用ブラシ

ピジョン ナイロンブラシ 2WAYタイプ ガラスびん専用

 

こちらも産院で使用していたものを買いました。

 

自分で購入したものは以上ですが、母が調乳ポットを送ってくれました。ミルク作る時のお湯が勝手に作られるのでとても便利でした!ミルク作りだけではなく、私も体を温めるために飲んでいました。

ピジョン)調乳ポット かんたんミルクづくり

 

  

病院関係(12,830円) 

生後2週間の時の健診と母乳外来に行きました。子どもの保険証がまだ出来ていなかったので、最初は全額自費で払いましたが、すでに返金されたので返金後の金額です。負担額は自治体によって異なりますよね。薬代とタクシー代も含んでいます。

 

お手伝いありがとう費用(20,000円)

里帰りしない出産でしたが、実母と義母が来てくれました。沐浴のサポートや買い出しをしてくれました。お礼のお金は実母にはいらないと言われ、義母には無理やり受け取って貰いました。

 

届出関係(1,910円)

出生届を提出し、その後夫の勤務先などに出す住民票の写しなど発行してもらうのにかかった費用です。これは勤務先によりますが、参考までに。

 

育児費用以外に買ったもの。

これらは育児費用に計上していません。

加湿器付き空気清浄機

産前に買うか迷い、濡れタオルを干したら大丈夫かと思いましたが、赤ちゃんの鼻づまりがひどくて、慌ててポチりました。翌日に届いてありがたかったです。

ペットボトルの水。

授乳中は喉が渇いて仕方ないです。1日に2L以上飲んでいます。産後1ヶ月半ごろまでペットボトルの水を買って飲んでいました。

ナプキン。

悪露が2ヶ月ほど続き、事前に用意していたものでは全然足りなくて、追加でたくさん購入しました。

 

最初の時だけ。

最初の時だけかかるものが多いです。でも紙おむつは思っていた以上に消費するのでびっくりしました。